前へ
次へ

低炭素住宅とはどんな住宅を指すのか

空気中には酸素と二酸化炭素、そして窒素などがあるようです。
呼吸においては酸素が大事で人は呼吸時に二酸化炭素を吐き出します。
その他燃焼などによっても酸素が使われて二酸化炭素が出され費用な酸素が減って二酸化炭素がどんどん増えてしまうかもしれません。
自然が二酸化炭素から酸素を作り出そうとしても追いつかない可能性もあります。
そこで二酸化炭素の排出を抑えようとする取り組みが必要になり、国でもその取り組みを奨励したり時には特典が与えられるときもあります。
新たに住宅を建てようとするときには低炭素住宅を建てると良いとされ、一定の補助金が出るときもあります。
そもそも低炭素住宅はどんな住宅かです。
住宅で生活をするときには電気やガスなどのエネルギーを使いますが、それらのエネルギーを使うときに二酸化炭素が発生します。
低炭素住宅はエネルギー使用時の二酸化炭素を減らす仕組みを持った住宅を意味し、発電所の電気ではなく太陽光から電気を作る仕組みを持つ住宅が該当します。

Page Top