前へ
次へ

不動産の節税対策をきちんと知っておく

不動産は所有していると税金がかかってきます。
特に親が死んだ時に引き継ぐ場合に現金よりも不動産で資産を保有していると、相続税を払う事が出来ないで困ってしまう場合があります。
出来るだけ詳しく節税対策について知っていればいざという時に困らないですから、親が元気なうちに色々な対策を練っておく事が大事です。
不動産の評価は利用の仕方でものすごく変わってくる事を知っていますか。
評価の仕方を利用した節税対策を行えば、お金が無くて支払えないという局面を打開できます。
現金も多く不動産も多量に保持している場合は、現金よりも不動産に変えてしまった方が税金は安くすみます。
両親のうちどちらか1人が死んだ場合に、配偶者に自宅を贈与出来るのであれば2000万円以内なら贈与税はかかりません。
節税対策は複数を効果的に組み合わせる事でさらに大きな力を発揮するので、専門家に相談してみるのもいい方法です。
マンションやアパート経営を行ってしまう価値をあげるのもいい方法です。

Page Top