前へ
次へ

その不動産を必要とするか不要とするのか

兄弟や姉妹において、不動産相続の問題が出ることもあるでしょう。
相続する者が不動産を保有していることもあります。
その不動産の処分、どうすべきなのでしょうか。
例えば、それが被相続人の居住用であったら、離れて暮らす相続人にとって必要とはあまりしないでしょう。
また、収益不動産であっても、維持していく手間を考えれば、保有することに二の足を踏むことがなければいいでしょう。
今も、田舎地方(過疎化)の山を相続することに維持費の問題が生じています。
保有したくない、敬遠してしまうこともあるでしょう。
そのような不動産の処分と税務、ここを知っておけば、要らない不動産と引き換えに金銭を手に入れることができます。
分割方法には、現物分割、換価分割、代償分割がありますが、一般的なのは現物分割です。
不動産が複数ある場合などは、例えば、1物件は長兄、2物件は次兄などに分けることができます。
ですが、不動産価値はそれぞれ異なります。
それが保有したくない物件ならば適当ではないでしょう。
換価分割は、不要な不動産を現金化して均等に分ける方法で、実務を除けば平等ではないでしょうか。
代償分割は、特定の資産がほしい者が、その資産を手にして、その代償として自己資産から他の兄弟姉妹に対して相応の金銭を提供する方法です。

Page Top