前へ
次へ

登記前に別の人に不動産が売られた時

不動産の売買においては出来れば不動産会社に仲介してもらうのが良いでしょう。
仲介が入ると仲介手数料が必要になりますが、その分不動産契約に関するトラブルを減らせるかもしれません。
仲介手数料を節約しようと個人間で直接契約をすると、大きな損をしてしまう可能性もあります。
ある人は不動産が欲しいと考えていて、不動産を売却したいと考えている人と売買契約を結びました。
しかしいざ登記をしようとすると購入した相手とは別人の保有となっていて、その人に聞くと自分に売った人と同じ人から購入したとのことです。
法律上は登記がどうなっているかが優先され、契約をどちらが先にしたかで優先度が高くなるわけではありません。
もし売主に対して一定の支払いをしているのであれば、債務不履行責任による損害賠償を請求できます。
契約を軽所した上で支払ったお金を損害額として請求することができます。
残念ながら当初希望した不動産の所有権は得られません。

水のスペシャリスト集団
横浜のスマート設備は低価格で水問題を解決します

まずは給湯器交換のお見積もり
横浜のスマート設備は安心価格で施工します

八王子市で資格所有者による給湯器交換
安心の工事を地域の皆様にご提供しております

合同会社クラフトKraftではお家に関する様々なリフォームを行っています

プレハブをリースで利用するなら

Page Top