前へ
次へ

不動産である遺産の分割方法の一つ

換価分割は、相続不動産を譲渡する際に使われる用語です。
不動産を相続登記しなければ、譲渡できません。
兄弟姉妹などの共同相続人が、法定相続分通りに相続登記をするのですが、通常、登記申請は所有者となる者が全員で登記申請をするのですが、この場合、限定した1人が全員のために申請することができます。
もう一つの方法は、相続財産を換価することによって得た現金をどのような割合で分配するのかを記載した遺産分割協議書を添付して、登記申請を行う方法があります。
ちなみに、売却益の分配割合と不動産の共有特分割合を合致させて登記をする方法もあるのですが、不動産譲渡の手続きを全員で行えば、手続きが進まないややこしさもあり、登記上の所有者は手続きを行う相続人1人に任せることが適当ではないでしょうか。
例えば、私情ではありますが、「長兄が単独で相続登記した上で、該当不動産を売却、その売却益を長兄と次兄などで折半する」という取り決めを遺産分割協議書に明記しておき、登記手続きを済ませ、贈与税の課税問題もありませんでした。

Page Top