前へ
次へ

資産を増やして税金を減らすことなんてできるのか

一般的に資産が増えれば税金も多くかかるのが普通です。
しかしこの常識を変える事が不動産にはあります。
仮に親から現金で多額の遺産を譲り受けたとします。
現金の場合はそのまま額面通りの税金がかかるので、将来的にお金を残してあげたいと考えている場合に最適な方法ではありません。
もちろんそこまで大きな額でないのであれば気にする必要はありませんが。
もし住宅を購入するとしたら住宅ローン控除が使えるので税金は戻ってきます。
さらに所有する物件の固定資産税も優遇措置を受ける事が出来るのです。
仮に賃貸用として運用している物件があるなら、赤字になったとしても他の給与所得と相殺する事が出来るというメリットがあります。
さらに不動産投資で運用する事で資産価値を上げる事が出来るので、次の投資の為の融資も受けやすくなります。
不動産には認められる経費も多いので、こまめに経費を計上する事で儲けが少なくなったようにする事が出来るので節税につながります。

Page Top