前へ
次へ

難しいようで簡単な譲渡益の計算

兄弟や姉妹の場合、相続財産を譲渡した場合、どうしたって課税問題があります。
譲渡所得の金額は、土地や建物を売った金額から取得費と譲渡費用を差し引いて計算されます。
所得費は、土地の場合、買い入れた時の購入代金や手数料の合計額で、建物の場合、購入代金などの合計額から減価償却費相当額を差し引いた額です。
土地などを相続することもあるでしょう。
譲渡した場合の取得費は、亡くなった人がその土地を買い入れた時の購入代金や手数料などをベースに計算するそうです。
時には、業務用というパターンもありますが、相続人が支払った登記費や不動産取得税の金額が取得費に含まれるのは、業務用のものではない場合です。
取得費が分からない場合には、取得費を売った金額の5%相当額として申告するそうで、なるべくならば取得費を算出することは重要です。
詳細化してみれば、被相続人Aが1000万で購入、仲介手数料や登記費用、不動産取得税の合計額が1067万円での計算方法は次の通りです。
相続(相続人B)登記費用10万円、譲渡(相続人B)譲渡額1200万円・譲渡費用100万円となっている場合、Bの譲渡所得の計算は、収入金額1200万-((取得費1067万+10万)+譲渡費用100万)の計算式で、譲渡益は23万円になります。

Page Top